クレジットカード デポジット

クレジットカードのデポジット

MENU

クレジットカードのデポジット

クレジットカードのデポジットはその特性が、ちょっと交通系ICカードのデポジットとは違うようです。

 

クレジットカードには限度額というものがあり、買い物をした後に返済を完了しないと決められた金額以上の買い物をすることはできなくなります。

 

したがって限度額が100万円となっているようなクレジットカードでは車の購入や、学費の一括支払い、結婚式など100万円では済まないような大きな出費の時には使えなくなってしまいます。

 

そこでクレジットカードの機能の一つとして、あまり知られていないかと思いますが、デポジットというものがあります。

 

例えば限度額が100万円なのに車の購入費300万円をクレジットカード払いしようとすれば、前もって限度額以上の出費をすることをカード会社に説明しなければならないのです。

 

この際、FAXなどで銀行通帳の残高コピーを送信してカード会社にデポジットとするか、一番手っ取り早いのはカード会社が指定する口座に必要な金額を振り込んでおくことでしょう。

 

大きな出費にカードを使う前にこうしたデポジットを敷いておけば、クレジットカードで決済することができるのです。

 

クレジットカードで300万円の支払いをする必要があるのか?と思う方もいますが、クレジットカードは利用すればするほどポイントがたまるものが多いです。つまりクレジットカードで支払うだけで割引して購入できるのと同じことになるわけです。

 

もし一度に300万円もの支払いをするとなると、1%のポイントがつくクレジットカードで支払をすれば3万円相当のポイントを受けることになりますよね。

 

そのポイントで交換すれば、カード会社によっては数パーセントの還元を受けることもあると思います。AMEXなどのように上質な還元をそろえているクレジットカードではかなり有効な手段でしょう。